2008年12月23日

めいふつ天むす千寿 松坂屋名古屋駅店

038天むす.JPG
ホテルでの夜食用に名古屋めいふつ天むすを購入しました。
商品登録されている天むすの本家本元なのだそうです。
購入時はアツアツだったのですが、アツアツのうちに食べられなかったのが、ちょっと残念でした。

054天むす.JPG
055天むす.JPG
056天むす.JPG057天むす.JPG
058天むす.JPG
所用を済ませたのち、ホテルの部屋に戻り早速食しました。
アルミホイルがちょっとがっかりでしたが、食べてみるととてもおいしかったです。
コシヒカリと三重産ののり、そして海老の天ぷら。
少ししょっぱめの天ぷらが良いのでしょう。
付け合わせのきゃらぶきもなかなか良かったです。
一口サイズなので夜食にも最適ではないでしょうか?

1957年三重県津市大門にある天ぷら定食店「千寿」の賄い料理として考案されたのが発祥であるとされています。昼食を作る暇もないので夫のために車えびの天ぷらを切っておむすびの中に入れたのが始まりだと言われています。
その夫が沢庵が苦手だったので付け合わせがきゃらぶきになったと言う話もあるようです。
勿論車エビは高価ですので現在はアカシャエビを使用しているそうです。

住所;愛知県名古屋市中村区名駅1-1-2 松坂屋名古屋駅店地下1階
電話番号;052-561-1111(代)
営業時間;10:00〜20:00
休日;松坂屋の休みに準じる
[ここに地図が表示されます]
posted by 食いしん坊♪ at 08:30| Comment(0) | TrackBack(1) | 弁当 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

天むす発祥のお店;天むす千寿の「てんむす」
Excerpt: 天むすの元祖、天むす千寿のてんむすをいただく。 天むすは名古屋めしの中でもポピュラーなものだけど、この千寿が発祥。 原始まろみあん※のむすむすさん(読書日記ではあっちゃん...
Weblog: まろまろ記
Tracked: 2009-04-21 00:25
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。