2007年11月11日

さくら@松崎

PB060091.JPG
西伊豆・雲見でのダイビングの帰りログ付けを早々に済ませてもらい14時過ぎにこのさくらを訪れました。


PB060090.JPG

PB060080.JPG
明日葉の天ぷらとたまねぎのかき揚げ
塩と自家製梅しょうゆをかけて頂きました。
PB060081.JPG
小鉢
PB060082.JPG
サラダ
PB060083.JPG
お新香
定食にはこれらがセットとなっています。
これだけでも充分な感じもしましたが、漸くメインが配膳されました。

PB060084.JPG
ごはんはお釜で炊かれて炊き立てが提供されます。
そのために若干時間が掛かったようです。
PB060079.JPG
あじのたたきがこんなに盛られて登場です。
お店の自家製にんにくしょうゆで味付けしました。
これを2回に分けて食べます。
PB060085.JPG
まずはたたきの半分を御飯にのせタタキ丼で頂きます。
PB060086.JPG
残りの御飯に残りのたたきを乗せ、お店の人に、魚の出汁の利いたスープを掛けて貰うとまご茶が完成します。
以前、伊東の漁協で漁師さんに振舞ってもらったものと違って上品な感じで美味しかったです。
あの時はごはんの上にあじのたたきをのせ、しょうが醤油をかけ、その上にお茶をかけて食べたように思います。あれはあれで美味でしたけれど。

食事をすると5種類のところてんが食べ放題となります。
PB060077.JPG
糸切り
酢と醤油で頂きます。
これがいわゆる心太です。
PB060078.JPG
まっ茶
そのままで頂きます。
PB060087.JPG
コーヒー
ミルクをかけて頂きます。
PB060088.JPG
白サイコロ
きなこと黒蜜で頂きます。
PB060089.JPG
よもぎ
きなこと黒蜜で頂きます。

ところてんだけの場合は525円で食べ放題です。
糸切りの食べ方しか知らなかったのですがデザートにもなっていたりして、ところてんの観点がガラリと変わりました。

店主の家が漁師なので捕れたての新鮮な魚ばかりで、うつぼの煮付定食やかわはぎの塩焼定食、とび魚の塩焼定食など興味を引くメニューもありました。その時の旬のものがメニューにあがるようですので珍しい魚などを食べられるチャンスもあるかもしれません。次の機会には是非食べてみたいと思いました。

長八美術館の駐車場内にある人気店のため昼時は大型観光バスも来場し混雑することもあるようです。

住所;静岡県賀茂郡松崎町松崎22-3
電話番号;0558-43-1532
営業時間;11:00〜23:00
定休日;年中無休
[ここに地図が表示されます]
posted by 食いしん坊♪ at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。