2008年02月28日

更科元高津市民館通り店

職場で出前を頼む店はほぼ決まっているのですが、今回は更科でした。
更科 おかめ.JPG
注文したのはおかめ蕎麦でした。

おかめ蕎麦は、傍目八目から五目より具が多いと言う意味で所謂五目蕎麦をさす説と、具材をおかめの顔に模して配置したことから言われたとされる説があるようです。
元々は讃岐の冬の代表的な郷土料理しっぽくうどんの麺を蕎麦に代えたものがおかめ蕎麦となりました。
古典落語『時そば』の中に「しっぽく」が出てくるのですが、現在の関東地方の蕎麦屋では見かけません。
春風亭小柳枝師匠の『時そば』を聴くと食べたくなる一品です。

更科は蕎麦屋の老舗のひとつで砂場・藪とあわせた3系列が代表的な蕎麦屋と言われています。
更科とは蕎麦の産地である信州更級と保科家の科の文字を組み合わさったもので、蕎麦の特徴として精製度の高い蕎麦粉(更科粉)を使った白く高級感のある蕎麦(更科蕎麦)が使われています。

前回の記事はこちら

住所;神奈川県川崎市高津区溝口3-24-27
電話;044-844-0077
営業時間;11:00〜14:30(L.O.14:30)、16:30〜21:00(L.O.20:45)
定休日;水曜日
[ここに地図が表示されます]
posted by 食いしん坊♪ at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕎麦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。