2008年04月06日

ハイビスカスティー@サークルKサンクス

ハイビズカスティー.JPG
サークルKサンクスのオリジナル飲料として、2007年7月31日(火)より、全国の「サークルK」及び「サンクス」6,235店舗(2007年6月末現在)にて数量限定で発売されていた「ハイビスカスティー 350ml」(147円税込)です。
「天然ハイビスカス」を使用し、さわやかな花の香りとさっぱりとした味わいが特徴の本格的なハーブティーとして販売していました。

ハイビスカスティーには、梅干しにも含まれているクエン酸などの有機酸。赤色の色素に含まれているのはビタミンC。これらの成分が、眼性疲労、肉体疲労や夏ばての回復、美肌づくりに働きます。
そのために昨年の夏に販売されていたのでしょう。

そのほかに、のどの炎症をおさえる効果があるので、風邪やのどを使い過ぎた時にも効果的なのだそうです。また、カリウムが多く利尿作用があるため、水分をとりすぎた後のむくみや二日酔いを改善するのだそうです 。

と、すると夏に限定する必要はないのかもしれませんが、やはりハイビスカスと言うと”南国のイメージ=夏”と言うことになるのでしょうね。
posted by 食いしん坊♪ at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 清涼飲料水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。