2008年06月06日

雷文@町田

雷門080515.jpg
この日は、しょうゆラーメンのこってりをいただきました。
良く「雷門」と間違われる「雷文」ですが「雷文」とはラーメン丼によく書かれている模様のことです。
それを店名にしているお店です。ラーメン界の超有名人、店主の宇都宮節子さん。
とても気さくな女将さんですが、そのプロフィールはまったく存じ上げなかったので検索してみました。

1947年に北海道室蘭市で生まれ、スナック、焼肉店の経営を経て、27歳のときに単身上京。服飾デザイン、声優、貿易会社、トラックの運転手などを経て、雷文を始めたのだそうです。
こんないろいろなことをしていたんですね。声優って何の声を担当していたのでしょう?
そして、トラックの運転手をしていた頃、ルート配送の際に、食べ歩いたラーメンの味に触発され、母親の果たせなかったラーメン店をやりたいと一念発起し、600万円の借金をし1991年に町田市に雷文をオープンしました。

駅から歩いていける距離ではないのですが、かなりの行列ができる日もあります。
以前は一人でしたが現在は節子さんと息子さんの寿憲さんと二人で切り盛りしています。
近所なので歩いていくことが多いのですが、行列ができているときはパスしています。

スープは節子さんの故郷、室蘭の昆布、尾札別の昆布を豊富に使用し、千葉県産の地養鶏、ゲンコツ、豚足、サバ節、カツオ節、煮干し、うるめ、干しシイタケ、りんごなど全部で29種類の食材からダシをとっているそうです。

以前は昼と夜の2部制の営業をしていましたが、現在は昼のみの営業です。
そのころは餃子もメニューにありました。そしてランチタイムには15食位の限定だったと思いますが、雷文丼などというメニューもありました。
どちらも懐かしい幻のメニューになってしまいました。

前回の記事

住所;東京都町田市本町田973-16
電話番号;042-722-5567
営業時間;11:00〜15:30 土・日・祝11:00〜16:30
定休日;月曜日と第2火曜日
完全禁煙
[ここに地図が表示されます]
posted by 食いしん坊♪ at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。